年齢を重ねると妊娠しにくい体になるのは、どこでもいわれていますね。いったいなぜ、妊娠しにくくなるのでしょうか?30代に注目して今回はかきたいと思います。30代の妊娠のメリットデメリットについてもご紹介していきましょう!

30代の妊娠力

yoseu30代の妊娠力ですが、個人差はあるものの、前半は20代とあんまり変わりなく、妊娠力があります。いったいなぜかというと、30代前半は20代と女性ホルモンの分泌量がそこまで変わりないからです。

女性ホルモンの分泌量が一気にへりだすのは後半からです。ですので、妊娠力の低下が始まるのは、30代後半からになります。

30代後半になると、妊娠力を高めるために、妊娠サプリなどを飲むなども一つの方法と言われております。妊活 マカ 男性も飲む時代になっていますので、ママさんだけではなく、パパさんも一緒にマカなどの妊活サプリを飲んでいくようにしてみてはどうでしょうか?

メリットデメリットについて

30代の妊娠にメリットデメリットがあります。メリットといえば、仕事が安定している年齢ですので、若い時と比べると経済的に余裕があります。そして、若い時にたくさん独身生活を楽しんでいるはずなので、精神的に余裕もあるでしょう。これも個人差はありますがね…私は全く遊ばなかったし、20代はホント楽しくなかったです。

デメリットは30代後半になると妊娠しにくくなったり、流産や早産のリスクが高くなるです。そして、今まで仕事を頑張っていたので、仕事と育児の両立をじっくり考えないといけなくなるのもデメリットの一つです。

30代後半になると妊娠しにくくなるだけではなく、流産などのデメリットもありますので、30代前半までが妊娠の勝負と言えるでしょう。

妊活の本などに詳しく解説されているので、色々かって勉強してみてはどうでしょうか?